So-net無料ブログ作成

日本考古学協会秋季大会 分科会Ⅱ「中近世移行期の城と都市」 [中近世・城郭]

日本考古学協会秋季大会は千田学長の奈良大学です。
分科会は下記

小田原から佐々木健策さんが、発表です。

...

http://archaeology.jp/convention/taikai2015about.htm

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●分科会Ⅱ「中近世移行期の城と都市」

会場:奈良大学C棟3階C302教室

【10月18日(日)】

9:30~9:40
問題提議「中近世移行期の城と都市の考古学」の目的と意図 宮武正登(佐賀大学)

9:40~10:10
会津若松城から神指城へ 近藤真佐夫(会津若松市教育委員会)

10:10~10:40
唐沢山城から佐野城へ 出居 博(佐野市教育委員会)

10:40~10:50

(休憩)

10:50~11:20
戦国期小田原城から近世小田原城へ 佐々木健策(小田原市文化財課)

11:20~11:50
小牧山城の成立 小野友記子(小牧市教育委員会)

11:50~12:50

(昼食休憩)

12:50~13:20
近世城郭金沢城の成立過程 冨田和気夫(金沢城調査研究所)

13:20~13:50
中近世移行期の南都 佐藤亜聖(元興寺文化財研究所)

13:50~14:20
肥前名護屋城と移行期の九州城郭 宮武正登(佐賀大学)

14:20~14:30

(休憩)

14:30~16:00
総合討論〔司会:宮武正登(佐賀大学)・千田嘉博(奈良大学)〕

16:00
閉会


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0