So-net無料ブログ作成

須田英一さん出版祝賀会@中華街 『遺跡保護行政とその担い手』刊行 [考古学]

神奈川で長く埋蔵文化財に携わってきた須田英一さんが

法政大学で学位を取得され、同成社から学位論文が刊行されました。

『遺跡保護行政とその担い手』

先週2月11日に横浜中華街でその出版記念の祝賀会があり、参加してきました。

神奈川県内の埋蔵文化財関係者、慶応義塾の関係者なと70名を超える皆さんが集まりました。

10644832_1041592182534337_1117873982234187886_n.jpg

10603774_1041592505867638_7997349101655826604_n.jpg

10983131_1041602375866651_8832908164032899929_n.jpg

ninaite.jpg

遺跡保護行政とその担い手

須田英一著
●A5判・474頁・12000円 2014年10月刊
ISBN978-4-88621-676-2 C3021

近現代において遺跡保護を担った人びとの軌跡を、神奈川県の事例をとりあげながら、地域社会の変遷や文化財政策の歴史と絡めて丹念にたどり、遺跡保護の有り様について考察する。

【目次】
序章 遺跡保護政策研究の現在
第Ⅰ部 明治期~昭和戦前期の遺跡保護政策
第1章 国における文化財行政と遺跡保護の担い手
第2章 地方における文化財行政と遺跡保護の担い手
第Ⅱ部 戦後期の遺跡保護政策
第3章 終戦から1970年代前半の文化財行政と遺跡保護
第4章 地方における文化財行政と遺跡保護の担い手
終章 遺跡保護政策研究の課題と展望


http://homepage3.nifty.com/douseisha/bunnkaisann/bunnkaisann/bunnkaisann.html#ninaite


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0