So-net無料ブログ作成

法隆寺見学11/15 [考古学]

斑鳩町での講演の後、斑鳩町の平田さんに法隆寺、藤ノ木古墳、文化財センターと

スペシャルなご案内をしていただきました。

IMG_4857.JPG

さすがに世界遺産の法隆寺、みごとな伽藍と荘厳な建物です。

法隆寺については、下記のwikiをご覧ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E9%9A%86%E5%AF%BA

IMG_4865.JPG

IMG_4860.JPG

平山郁夫画伯による石碑の文字

法隆寺再建論争など、考古学̪史でもならった記憶があるのですが、

直接、担当者である平田さんから、若草伽藍跡の隣接地で焼けた壁画片の

話などをお聞きすることができました。

7世紀初頭という年代は、小田原では古墳後期、竪穴住居にすみ、久野には久野古墳群が作られた時代です。

その時代にこれほどの建造物が建てられたことを思うと、奈良の都というところが、いかにすごい場所であったか

想像もできないくらいだったのでしょう。

IMG_4870.JPG

IMG_4879.JPG

法隆寺は順次、改修も行われているようですが、軽微な現状変更であっても

文化庁に協議をするとのこと、通常の史跡よりもかなり厳しく厳密に史跡保全が

行われていることをお聞きしました。

IMG_4881.JPG

法隆寺周辺は「歴まち法」により、様々な補助制度を利用して

環境整備が図られています。

ゆっくり散策するには、とても素晴らしい場所だと思いました。

夕刻であったにもかかわらず、お客さんは多く、特に外国人の観光客が目立っていました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0