So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

馬屋曲輪南土塁内法石垣 [中近世・城郭]

馬屋曲輪の調査は、南土塁の内法石垣の調査に着手しました。

内法石垣の全面を幅1mで表土下20cmで元禄期の玉砂利面が

確認されますが、石垣側に幅50cmで30~50cm掘り下げ、

根石下端まで確認しています。

IMG_0551.JPG

IMG_0554.JPG

この石垣の根石の矢穴 サイズが小さく、矢穴のやや丸みを持っています。

矢穴での編年は難しいのですが、土塁成立期と推定される寛永期のものとは思えません。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0